フルコンタクト空手 新極真会長野支部

スウェーデンのアンドレアス•タンペ師範が上田道場に出稽古に来ました。これまでも長野、松本、茅野と出稽古に来られすっかり長野支部とっては馴染みの人になりました。

10月の世界大会で型の部に出場して、そのまま日本に滞在し沖縄、福岡、兵庫、愛知と各地の道場に出稽古に行き長野が最後の訪問となりました。

膝の調子が悪く正座が出来ない状態でしたが、それを全く感じさせない動きでした。
日本の街、文化、食事全てが好きなのが言葉の端々から感じられました。

来年3月にヨーロッパ黒帯セミナーに行く予定ですのでまた会いましょう。

2023年11月2日 8:30 カテゴリー:

押忍!7月2日(日)、松本道場にて強化練習が行われました。梅雨で雨が降る日が続きましたがこの日は久しぶりの晴天となり、とても良い稽古日和となりました。

そして今回はスエーデンの道場生キアンさんが出稽古に来てくれました。キアンさんは現在19歳の大学生で、夏休みを利用して空手の稽古と観光を目的に来日されました。

日本に着いてすぐに松本道場で稽古した後、名古屋の愛知山本道場でも稽古して、京都•大阪を観光した後沖縄でも稽古の予定があるとのことです。空手•文化•食を満喫する非常に素晴らしい旅行計画で頭が下がる思いです。

キアンさんありがとうございました。旅の無事を祈っています。押忍!

伊那道場 堀米

2023年7月5日 2:52 カテゴリー:

押忍!6月4日(日)に長野支部松本道場において強化練習が開催されました。強化練習については記憶にある限り2019年の夏以来で、実に4年ぶりの実施となりました。そのせいもあってか集まった道場生は皆ワクワクしたような面持ちで稽古が始まるのを待っていました。

とは言え、いざ稽古が始まるとそれぞれの目標を目指して、気合が入った時間を過ごしました。特にこれから行われる全中部大会、ドリームフェスティバル、長野県大会の参加選手は全力で汗を流しました。

最後に師範からいただいた「結果だけが全てじゃない。いくつになっても挑戦し続けることが大切だ」という内容のお言葉を胸に稽古を締めました。

また、次回の稽古が楽しみです。押忍!
伊那道場 堀米

2023年6月9日 2:24 カテゴリー:

4/23(日)愛知県刈谷市体育館にて、中部地区強化稽古が開催されました。

長野支部からは、村田哲仁・伊藤裕司・堀米雄樹・遠山昌江・金原熱典・上村海土夢・藤森玄毅の7名が参加して、シニア世代の比率が高い中でしたが、藤森(高校1年)は全日本クラスの方々との組手で多くの事を、感じ学べた貴重な経験を積むことができた様です。

これからもっと成長して、全日本〜世界へ挑戦していく事を期待しております。

私は、シニアクラスでしたが一般で試合に出場していた頃に対戦した方々との組手は何か会話をしているような、有意義な時間でした。その他多様な組手スタイルとの方々から多くの事を学ばせていただきました。

中部地区の師範方々、また岡山から石原師範にお越しいただきお忙しいところこのような機会を設けていただき大変感謝しております。

今度ともよろしくお願いいたします。 押忍!

長野支部 伊藤裕司

2023年4月27日 4:44 カテゴリー:

10月2日(日)に愛知県刈谷市体育館で行われた中部地区強化練習に、長野支部の村田哲仁、宮原猛、藤岡和貴の3名が参加してきました。以下レポートです。


長野道場の村田です。

自分の年齢、体力など心配な点が多々ありましたが、中部地区強化練習に参加致しました。
参加された選手の中には先日の世界大会出場選手もいて驚きました。

若い10代、20代の選手とのスパーリングは普段の道場稽古とは違う緊張感のあるものでした。
若い選手達から力まず、常に動き、的確に相手を攻めて行く動きを体感しました。いい強化練習が出来ました。

強化練習開催にご尽力頂いた各支部の師範の方々、それと共に練習に参加した選手の皆様には感謝致します。

押忍!


千曲道場の宮原です。

今回、中部地区強化練習に参加してきました!2時間主に組手の稽古でした。
10代20代の勢いあるトップ選手達との組手は、とても緊張感のあるレベルの高い練習になり、厳しい稽古でしたが貴重な経験になりました。

自分も次の試合に向け負けずに頑張りたいと思います!

押忍!


千曲道場の藤岡です。

今回、中部地区の強化練習に参加させていただきました。
全国トップクラスの選手と組手を中心に稽古となりました。

参加選手は10代20代と若く生き生きと稽古に挑んでいる姿が特徴的でした。
組手もどんどんと前向きな姿勢に少し驚きを覚えました。

好きこそもの上手なれ❗言葉通り強い選手はそれだけの努力をされているんだと考える事が出来ました。
今回の強化練習を参加する事で狭い長野県にとどまる事なく広い視野で空手を考え体験する大切さを学びました。

是非機会があれば、私たちだけではなく多くの道場の皆さんに参加して欲しいと思います。
参加しなければ分からない事。多くを学べると思います。

今回参加に際し、共に過ごした村田二段、宮原初段ありがとうございました。
また強化練習開催に向けご尽力をいただきました。各支部の師範の方々ありがとうございました。

押忍!

2022年10月6日 3:10 カテゴリー:

押忍!1月19日松本道場において、長野支部の新年度合同稽古が行われました。

県下から多くの道場生が集まり、型・組手・補強の稽古で汗を流しました。

稽古後は昨年1年間で稽古の出席上位者を表彰し、それから道場生のご父母の皆様にご用意していただいたお昼を皆で美味しくいただきました。

また、道場生一人づつ、今年の目標を発表して、達成に向かって努力することを誓いました。押忍!

2020年1月20日 4:18 カテゴリー:

12月6日から8日までユース・ジャパン強化合宿が山梨県の富士緑の休暇村で行なわれ、長野支部からは下平大翔 、 佐當直紀、 浅川拓摩の3名が参加しました。
それぞれの選手が合宿で得た経験をご紹介します。

ユース・ジャパン強化合宿に参加して

長野支部 下平大翔

12月6日から8日まで、山梨県の富士緑の休暇村で行われた合宿に、長野支部の代表として、参加させていただきました。

ふだんの道場けい古では、出来ない事をしました。

ぼくがいんしょうに残ったのは、南原選手と加とう選手と島本雄二選手が実際に試合で使った技をぼくたちの前でやってくれたことです。

なぜなら、ぼくも三選手みたいに世界大会に出て、勝てるようになりたいからです。

三日間の合宿で学んだことを生かして、日々のけい古をがんばっていきたいです。

合宿に参加させていただきありがとうございました。

押忍

ユース合宿に参加して

長野支部 佐當直紀

この度、師範に推薦して頂いて、12月6日から8日までユース・ジャパン強化合宿に、参加させていただくことが出来ました。

出発前は、全国の強い選手と練習するという初めての体験に心配なことばかりでしたが、練習が始まるとドリームや他の大会で戦った他県の選手もいて少し安心しました。

でも、それ以上にがんばらなければいけないと思ったし、一緒に練習出来たことが嬉しかったです。

腹筋・背筋を100回ずつ10セット、マラソン、技術練習など一生懸命やりました。

何をしにここに来たのか考えて頑張ろう、家族や先輩へのお土産は自分の成長や頑張ったこととの話を聞き、参加させて頂いた事により自分は前より強い気持ちになれた事、そしてもっと頑張らなければいけないと感じました。

合宿に参加させていただき、師範には会場までの送り迎えをしていただき、大変ありがたかったです。

これからは合宿に参加した事を無駄にする事なくしっかりと練習し、試合でも力を出し切り、またユース合宿に参加できるように頑張りたいと思います。

合掌

特別な体験が出来たユース合宿

長野支部 浅川拓摩

令和元年十二月六日からの二泊三日ユース合宿

自分が師範からお許しが出るとは思ってもいませんでした。

初のユース合宿だったため、自分の体が持つかやご飯を残さず食べれるかなど色々と不安でした。

当日、自分と同じ同期生を見ると、はるかに体がデカく、よくよく自分が小さく感じました。

最もユース合宿で辛かったのは、二日目の組手でした。

中には辛すぎてダウンしている人がいましたが僕はダウンする事無くやり遂げる事が出来ました。ユースサーキットも辛かったです。

腹筋百回を十セット背筋百回を十セットを交互に計二千回と過酷でした。

組手の内容も世界選手として活躍した南原朱里選手や島本雄二選手など、多くの先輩方々から、アドバイスを頂きました。

教えてくださった事を今後の大会や稽古に活かして行きたいと思います。

誰もが、もらえる訳ではない、右肩のユースワッペンを着けてる限り今までとは違った自分でありたいと思います。  

来年もユース合宿に選ばれるよう大会で成績を出せるよう努力していきたいと思います。

藤原師範、ありがとうございました。

そしてユース合宿で指導してくださった先輩方々ありがとうございました。

令和元年十二月 長野支部 浅川拓摩

2019年12月25日 1:47 カテゴリー:

第12回全世界空手道選手権大会に向けて、スエーデン支部の道場生が長野支部茅野道場に出稽古に来ました!

今回、稽古に参加して頂いたのは、以下の3名でした。

アンドレアス・タンペ四段
C・ブロムヴィスト二段
T・ショディーン初段

アンドレアス四段は昨年も松本道場に来てくださり、一年ぶりの再開となりました。最初にお一人ずつ自己紹介をしていただきました。英語での自己紹介でしたが、柿澤先輩による通訳で空手に対する熱い思いを聞くことができました。

稽古は藤原師範による号令のもと型の稽古から始まり、シャドウ、腹の打ち合い、補強稽古などで汗を流しました。

稽古後は皆すっかり打ち解け、来週行われる第12回全世界空手道選手権大会での再会を約束しました。

2019年12月2日 1:27 カテゴリー:

6月28日(木)にカラテドリームフェステバル2018国際大会、型 男子35歳以上の部門で3位入賞された、スウェーデン支部のアンドレアスタンペ四段が長野支部長野道場に出稽古に来ました。

藤原師範の号令の元、タンペ四段を初め様々な年代の方と気合いを入れて基本稽古をした後は少年部、一般部に別れて型稽古をしました。私(村田)も黒帯の一員としてタンペ四段と共に型稽古をしましたが、余りの迫力と技一つ一つの力強さと緩急には正直圧倒されました。

ただ惜しむべきは余りの迫力にタンペ四段の型の写真を撮り忘れていました。この場を借りてお詫び致します。
それからは移動しながらの稽古と軽い組手と補強をしました。
蒸し暑い夜でしたが、タンペ四段の迫力と熱意が我々にも伝わりいつもの倍以上の汗を流しました。
各道場生の皆様もいつも以上にいい稽古が出来たのではと思います。

稽古後はつたない英語でタンペ四段と交流している道場生もいました。
空手を通じての国際交流になりましたが、流石、海外指導歴の長い藤原師範はタンペ四段と様々な話をしていました。私の語学力でわかった事は明日は早朝6時起きで福島の三瓶師範の道場に出稽古に行く事、都内でも様々な師範方の道場に出稽古された事、沖縄空手(古武道)の道場にも行かれた事です。

侍のようにドリームカップから休む事なく空手に取り組んでいる姿勢には本当に頭が下がりました。
では、タンペ四段の空手修行旅の無事を祈りつつ、我々、道場生にこのような機会をくださった藤原師範に感謝を致したいと思います。

押忍、村田哲仁

2018年6月30日 1:40 カテゴリー:

押忍!2018年5月27日の合同稽古です!

前半は股関節の使い方とフットワークを学びました。後半は最近の試合の流れを踏まえ、密着した状態からの打ち合う稽古をひたすら行いました。
床のマット1枚分のスペースから出ないように、捌いて連打する激しい稽古でした。

2018年5月29日 12:10 カテゴリー:

次ページへ »