フルコンタクト空手 新極真会長野支部

審査会 2020年9月13日

9月13日(日)松本市勤労福祉センター柔道場において、昇段・昇級審査会が行われました。

今回の審査もコロナ対策として、十分な距離間、発声を控える、通常の組手は対面シャドーに変更、十人組手はマスク・フェイスガード着用等、気をつけながら行われました。

そんな厳しい状況の中、伊那道場の少年部の下平大翔が昇段審査へ挑戦しました。ジャンピングスクワット100回を跳んだ後、しっかりと型を披露し、大人も加わった十人組手を見事最後まで完遂しました。

最後に藤原師範がご自身が極真空手を始めた頃のお話をされ、「逃げ出さずに続けることが大事」と道場生を叱咤激励しました。

今回審査を受けた道場生の皆さん、お手伝いの方々、保護者の皆様、本当にお疲れさまでした。押忍

2020年9月21日 1:10 カテゴリー:

審査会 2020年6月14日

6月14日(日)松本市勤労福祉センター柔道場において、昇段・昇級審査会が行われました。

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大により今年3月に開催を予定していた審査会が中止となったため、約半年ぶりの審査となりました。この間県の要請により公共施設を利用した稽古は全て出来なくなったため、今回の受信者は非常に少なくコロナ感染の影響をここでも感じることとなりました。

また審査内容も感染防止対策により、いつもとは違った形を取ることとなりました。受審者は戸惑いもありましたが、思いっきり気合を出せない分、突きや蹴りに力を込めているのが感じられました。

審査を終えて藤原師範より「いくら突きや蹴りの形が綺麗でも、基本的な腕立て、スクワット、腹筋が弱いようでは強さは身に付かない」と、フィジカルの強化の重要性についてお話がありました。新型ウイルスにより今まで当たり前にやっていた稽古ができなくなっている今こそ、フィジカルの強化など出来ることをしっかりやっていくことが大切であると感じました。

道場生の皆さん、感染収束ののち長野支部が大きく飛躍するため、コロナに負けずに頑張りましょう!押忍

2020年6月27日 12:40 カテゴリー:

第10回埼玉県空手道選手権大会参加レポート

長野支部から、太田雄一・工藤憲一・浅川拓摩・佐當直紀・竹内遼人・兒玉慶人・太田翔空・矢澤優祁・高橋龍・小平吉成・金井陽叶が出場しました\(^o^)/

結果:
型 小学1・2年上級の部〜準優勝・矢澤優祁
3位・金井陽叶
の2人が入賞しました。

試合の勝ち負けが全てではありませんが、今日の結果を反省・学習して次に繋げましょう。

2020年2月16日 4:49 カテゴリー:

長野支部の黒帯会が開催されました

押忍!2月8日、9日の2日間に渡って長野支部の黒帯会が開催されました。

今年の稽古は千曲道場がある、ことぶきアリーナ千曲で行われました。

前半は組み手の稽古を行いました。普段の稽古よりもより実戦に近い形式で行い、緊張感のあふれる稽古となりました。
後半は方の稽古を行いました。師範に細かいところまでチェックしてもらい、理解を深めることが出来ました。

天気は生憎の雪でしたが、ことぶきアリーナ千曲はとても新しい建物で、室温も一定でとても気持ちよく稽古ができました。

稽古後は戸倉上山田温泉「遊子 千曲館」に移動し、眼前に池が広がるお部屋の風景、露天風呂、山の幸を堪能しました。
また、カラオケで先輩方の美声と踊りにとても盛り上がりました。

参加された皆様、お疲れ様でした。また、今回幹事を務められた長野道場、千曲道場の皆様、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

2020年2月11日 4:40 カテゴリー:

東京東支部錬成大会参加レポート

1月19日 BumB東京スポーツ文化館にて東京東支部錬成大会が開催されました。

長野支部から千曲道場の藤岡和貴が出場しました。

結果は、惜しくも敗退となりました。

本人としては納得した試合ではなかったと思いますが、最後まで諦めない姿は素敵でした。

空手 新極真会長野支部さんの投稿 2020年2月5日水曜日

2020年1月21日 4:26 カテゴリー:

新年度合同稽古が行われました

押忍!1月19日松本道場において、長野支部の新年度合同稽古が行われました。

県下から多くの道場生が集まり、型・組手・補強の稽古で汗を流しました。

稽古後は昨年1年間で稽古の出席上位者を表彰し、それから道場生のご父母の皆様にご用意していただいたお昼を皆で美味しくいただきました。

また、道場生一人づつ、今年の目標を発表して、達成に向かって努力することを誓いました。押忍!

2020年1月20日 4:18 カテゴリー:

審査会 2019年12月22日

12月22日(日)松本市勤労福祉センター柔剣道場において、長野支部の昇級・昇段審査会が行われました。

今回の審査は近藤功先輩が三段への昇段に挑みました。補強審査、型の審査、十人組手全てを完遂し、見事三段を認可されることとなりました。心よりお祝いを申し上げます。

また、近藤先輩は仕事の都合で1月より長野支部を離れ、故郷の愛媛県新居浜市にて道場を開くことになりました。

そして、同時に藤原正俊先輩もご高齢の為ということで12月いっぱいで道場を離れることとなりました。

近藤先輩、藤原先輩、今まで大変お世話になりました。長野支部道場生一同これからのご活躍を願っております。押忍!

2020年1月13日 7:25 カテゴリー:

ユース・ジャパン強化合宿参加レポート

12月6日から8日までユース・ジャパン強化合宿が山梨県の富士緑の休暇村で行なわれ、長野支部からは下平大翔 、 佐當直紀、 浅川拓摩の3名が参加しました。
それぞれの選手が合宿で得た経験をご紹介します。

ユース・ジャパン強化合宿に参加して

長野支部 下平大翔

12月6日から8日まで、山梨県の富士緑の休暇村で行われた合宿に、長野支部の代表として、参加させていただきました。

ふだんの道場けい古では、出来ない事をしました。

ぼくがいんしょうに残ったのは、南原選手と加とう選手と島本雄二選手が実際に試合で使った技をぼくたちの前でやってくれたことです。

なぜなら、ぼくも三選手みたいに世界大会に出て、勝てるようになりたいからです。

三日間の合宿で学んだことを生かして、日々のけい古をがんばっていきたいです。

合宿に参加させていただきありがとうございました。

押忍

ユース合宿に参加して

長野支部 佐當直紀

この度、師範に推薦して頂いて、12月6日から8日までユース・ジャパン強化合宿に、参加させていただくことが出来ました。

出発前は、全国の強い選手と練習するという初めての体験に心配なことばかりでしたが、練習が始まるとドリームや他の大会で戦った他県の選手もいて少し安心しました。

でも、それ以上にがんばらなければいけないと思ったし、一緒に練習出来たことが嬉しかったです。

腹筋・背筋を100回ずつ10セット、マラソン、技術練習など一生懸命やりました。

何をしにここに来たのか考えて頑張ろう、家族や先輩へのお土産は自分の成長や頑張ったこととの話を聞き、参加させて頂いた事により自分は前より強い気持ちになれた事、そしてもっと頑張らなければいけないと感じました。

合宿に参加させていただき、師範には会場までの送り迎えをしていただき、大変ありがたかったです。

これからは合宿に参加した事を無駄にする事なくしっかりと練習し、試合でも力を出し切り、またユース合宿に参加できるように頑張りたいと思います。

合掌

特別な体験が出来たユース合宿

長野支部 浅川拓摩

令和元年十二月六日からの二泊三日ユース合宿

自分が師範からお許しが出るとは思ってもいませんでした。

初のユース合宿だったため、自分の体が持つかやご飯を残さず食べれるかなど色々と不安でした。

当日、自分と同じ同期生を見ると、はるかに体がデカく、よくよく自分が小さく感じました。

最もユース合宿で辛かったのは、二日目の組手でした。

中には辛すぎてダウンしている人がいましたが僕はダウンする事無くやり遂げる事が出来ました。ユースサーキットも辛かったです。

腹筋百回を十セット背筋百回を十セットを交互に計二千回と過酷でした。

組手の内容も世界選手として活躍した南原朱里選手や島本雄二選手など、多くの先輩方々から、アドバイスを頂きました。

教えてくださった事を今後の大会や稽古に活かして行きたいと思います。

誰もが、もらえる訳ではない、右肩のユースワッペンを着けてる限り今までとは違った自分でありたいと思います。  

来年もユース合宿に選ばれるよう大会で成績を出せるよう努力していきたいと思います。

藤原師範、ありがとうございました。

そしてユース合宿で指導してくださった先輩方々ありがとうございました。

令和元年十二月 長野支部 浅川拓摩

2019年12月25日 1:47 カテゴリー:

岐阜県錬成大会・フルコンタクト空手大会参加レポート

令和元年12月22日㈰に岐阜メモリアルセンター武道館において【岐阜県錬成大会】・【岐阜県フルコンタクト空手大会】が開催され、長野支部から清水珂緯・内山太翔・塚崎樟太・兒玉慶斗・清水瑠緯・清水琉・清水力が出場しました。

当日の天候は肌寒い陽気でしたが、大勢の選手の気合い溢れる試合と応援の方々の熱気で汗を拭うくらいの熱い大会になりました。
長野支部の選手達も緊張と興奮の狭間で自分自身とも闘いながら、他の選手達に負けない熱い試合を繰り広げ、見事、清水力が岐阜県フルコンタクト空手大会高校生男子の部で優勝、塚崎樟太が岐阜県錬成大会小学3年生男子チャレンジの部で優勝を勝ち取りました。

入賞が叶わなかった選手達も全力で頑張り、諦めそうになる気持ちに打ち勝ちながら一生懸命頑張りました。
選手達が試合を通してどんどん成長して行く姿を目にして、サポートするこちらも感動をもらい、一緒に喜んだり心から悔しいと思うことができました。

今回の悔しさと自信を忘れずに、1番大切な日頃の稽古をしっかり修行して、さらに上を目指し、夢を持って、長野支部をもっともっと盛り上げて行って貰いたいです。

押忍

2019年12月23日 4:01 カテゴリー:

第24回全関東空手道選手権大会参加レポート

12月1日に横浜文化体育館で行われた全関東大会に以下の選手が出場しました。

遠山昌江(女子40才以上50才未満重量級)
下平大翔(小学5年生男子重量級38kg以上)
竹内遼人(小学4年生男子中量級30kg以上35kg未満)
太田翔空(小学3年生男子重量級30kg以上)
矢澤優祈(小学2年生男子重量級25kg以上)
高橋龍(小学1年生男子軽量級23kg未満)

全員が持てる力を出し尽くし健闘しました。中でも遠山昌江が入賞こそなりませんでしたが、準優勝という成績を残すことができました。

選手の皆様、応援に来ていただいた皆様、お疲れさまでした。

2019年12月5日 9:46 カテゴリー:

次ページへ »