フルコンタクト空手 新極真会長野支部

2018 全北陸空手道選手権大会レポート

9月16日(日)に新極真会新潟支部主宰の全北陸空手道選手権大会が開催されました。

なかなか他県での大会にて成績を出せない長野支部の中で小学6年男子軽量級の部出場の浅川拓摩1級が準優勝しました。
数多くの大会に挑戦している拓摩1級ですが、なかなか結果が出なくても、諦めずに日々稽古に精進したことが惜しくも決勝は破れましたが、この結果につながったのではと思います。

私(村田)は副審お手伝いの為、残念ながら彼の有志は見られなかったですが、三連休の中日、日々応援、サポートしているお母様への最高のプレゼントになったと思います。
私が見た試合の中では技ありを取られ負けそうになっても最後まで相手に向かっている気持ち、自分の弱さに向かい合いながら試合場に向かっていく姿それぞれの選手達闘う姿勢に胸があつくなりました。

先日、審査にて藤原師範から、日々の稽古を大事にして大会に挑戦しなさい。
との言葉を受けた我々長野支部道場生ですが、あらためて大会を目の当たりにしてまた、日々の稽古に精進しようと思いました。

捲土重来、日々の稽古を積み重ねて物事に挑む姿勢が大事だと感じました。
では、最後に主宰の新極真新潟支部の皆様、関係各位の方々に感謝致します。

押忍、長野支部 村田哲仁


2018年9月19日 5:18 カテゴリー: