フルコンタクト空手 新極真会長野支部

信州夢街道フェスで演武!

6月5日は、毎年恒例の「信州夢街道フェスタ」での演武会。
例年5月末の開催でしたが、今年は6月初旬となりました。
まるで、夏のような日差しの中、会場となった信州やまびこドームは、
大勢の人で賑わっていました。

1_3

演武会は、午後2時からの30分間、会場内の特設ステージ
上で行われました。
今回参加したのは、松本・穂高・塩尻の道場生約25名。

生田三段の号令に合わせ、全員で基本稽古のあと、
少年部・一般部のビッグミット。
少年部のビッグミット打ちは、自分のカラダより大きなミットに
元気よく蹴りや突きを繰り出していました。

2

次は型の演武。
少年部4人の道場生による、息のあった「平安一」の型に引き続き、
中学二年生の山下初段による「征遠鎮」の型。
型の大会で何度も優勝経験のある山下初段の迫力ある演武に
会場からまたまた、大きな拍手が送られていました。

2_5_2

引き続き、少年部・一般部による組み手。
白帯・オレンジ帯の子供も一人前に受け返しをしながらしっかり組み手
をこなし、
一般部の組み手では、短い時間ながら、力強さとスピード感あふれる攻
防を見せてくれました。

2_8_2

そして、いよいよ皆さんお待ちかねの、試割タイム。
少年部の杉板割りから。

3_2

つづいて、山下初段による四方割り(正拳・手刀・回し蹴り・後ろ回し
蹴り)も見事に成功。

4

そして、いよいよ演武もクライマックス。
ステージ上に用意されたブロックに会場からどよめきが、
高山2段の手刀 武居初段による正拳ブロック割り。
一瞬静まりかえる会場に、気合い一発。見事に成功!!
会場から大きな拍手がまきおこりました。

5

そして、試割の締めは、生田3段による中段蹴りでのバット折り。
こちらも、スピードのある蹴りでバットが見事に真っ二つ!

空手を見たことのない人にとって、
演武会での試割はインパクトがあるようで、
板やブロックが割れるたびに大きな歓声が上がっていました。

今年の演武会も無事に終わり、参加した皆さまお疲れ様でした。
それでは、また来年。

レポート:松本道場 江崎克彦


2010年6月16日 11:25 カテゴリー: