フルコンタクト空手 新極真会長野支部

昇段レポート 伊那道場 下平大翔

この度は、昇段審査を受けさせて頂き、ありがとうございました。

僕が空手を始めたのは、5才の7月でした。
駒ヶ根道場が新しく開かれ、お父さんとお母さんと一緒に見学に行きました。

周りには同じ年ぐらいの道場性が6人おり、一生懸命稽古をしていました。
入門してから8ヶ月過ぎた小学1年生の4月に交流試合があり、組手部門に出場しましたが
、始まってすぐに負けました。
負けたことが悔しくて、帰りの車の中で泣いて帰ってきた事を覚えています。
その時、僕は大会に出て「絶対に勝ってやる」と思い、稽古をがんばろうと決めました。
その頃から伊那道場へ出稽古に行き始め、年上の先輩と組手をするようになり色々と教わ
りました。

でも4年生の時はどの大会でも、2回戦負けでなかなか勝てませんでした。
悔しくて金曜日に飯田道場へも出稽古に連れて行ってもらい、稽古をしました。
5年生になり、茅野道場へ出稽古へ行くようになり、ますます組手が楽しいと思えるようにな
ってきました。

そんな中、去年の12月にユースジャパン強化合宿に参加させて頂きました。
そこで全国からきた強い選手と一緒に稽古をして、もっともっと強くなろうと思いました。
しかしコロナで稽古が出来なくなり、当たり前に稽古が出来ることがうれしい事だと気づきま
した。

審査当日は、とても緊張しました。
特にジャンプスクワットを100回飛べるか不安でした。
稽古では、100回飛べてなかったので飛びきれるかが不安でしたが、堀米先輩が号令をか
けながら気合を入れてくれて、飛び切る事が出来ました。

型は沢山をしたので、自信がありました。
1番印象に残っているのは、師範の前で型をやった事です。
10人組手を始める時は緊張しましたが、先輩たちにがんがれと言われて少しリラックスでき
て、10人までがんばれてよかったです。
10人目が終わった時はほっとしました。

最後になりましたが、藤原師範、伊藤先輩、堀米先輩、遠山先輩、金原先輩、柿澤先輩、太
田先輩、、応援してくださった道場性のみなさん、ありがとうございました。

又、毎週出稽古へ連れて行ってくれる両親に感謝しています。
今後もますます稽古をして、黒帯として、精一杯がんばります。
これからもよろしくお願いします。押忍

下平 大翔


2020年9月28日 11:14 カテゴリー: