フルコンタクト空手 新極真会長野支部

昇段レポート 上田道場 坂井正宏

この度は、弐段への昇段をお許し頂きありがとうございました。

私が空手を始めて15年が経ち、15年という節目を迎えて弐段への挑戦を決意致しました。審査の日が近づくにつれて、古傷の再発などで思うように稽古が出来ず焦るようになっていきました。10人組手の練習で骨にヒビが入り、気持ち的にも折れそうになっていたところ指導員の工藤先輩や道場仲間に励まされ今回の審査にむけて前向きになることが出来ました。

審査当日も不安があり、厳しい審査でしたが周りのみんなの応援もあり、無事に審査を終えることができました。今回の審査を通して苦しい事も沢山ありましたが感謝をとても強く感じる良い経験となりました。

最後になりましたが、藤原師範をはじめ諸先輩方、練習に付き合って頂いた工藤先輩、藤岡先輩、猛、遠くから練習相手として来てくださった田中さん、金原さん、審査当日、応援をしてくださった皆様、そして家族に感謝とお礼を申し上げます。

押忍 坂井正宏


2019年6月12日 11:50 カテゴリー: