フルコンタクト空手 新極真会長野支部

昇段レポート 千曲道場 藤岡和貴

この度は、昇段審査の機会をいただきありがとうございました。晴れて昇段する事ができたのも藤原師範、村田先輩、工藤先輩など多くの諸先輩方や後輩の方々のおかげであります。

心より感謝いたします。

私が新極真空手に入門をしたのは約15年前になります。当時は中学生。高校進学で別の格闘技を部活動として行うために体力強化を兼ね知人の紹介を受けたのが新極真空手でありました。これが、私の空手人生のスタートであります。正直、当時を考えると大変失礼な考えからの入門ではございますが。さながら厳しい稽古。心技体を鍛えながらかつ礼儀を学ぶ日々は高校の部活動とは、また違った新鮮さをともない徐々に新極真空手に引き込まれていきました。

当時は空手道と部活動共に駆け抜けた充実した日々でした。しかしながら、大学進学・就職を経て空手道から離れもう再びこの場所に戻る事はないだろうと思い日々を過ごしていました。

ある時、工藤先輩より「長野県大会がある。良かったら大会のサポートとして来ないか」と声をかけていただき見るだけならと再び空手の世界に足を運びました。そこでは当時の後輩が指導者としてのたくましい姿や諸先輩方の激しい試合を目の当たりにして自分はこれで良いのか。格闘技は好きだから始めた事じゃないのか。と再び自分の力を試したいと思いがこみあげ復帰を決断しました。

復帰当初は、学生の頃のような感覚とは違い全く身体が動かない。こんなに辛いものかと感じる事が多く大会に参加すれど敗北の日々。後輩は着実に実績の積みあげるなかこんなものか苛む日々でした。しかしながら日々の稽古を積み重ねるなかで何か形あるものを得たいと今回の昇段審査に挑戦する事を決めました。しかしながら私は型の稽古が苦手で力んでしまう傾向にあります。審査までの日々は稽古後でお疲れにも関わらず遅くまで型の稽古に付き合っていただいた村田先輩。工藤先輩。ありがとうございました。藤原師範からも「お前はロボットか」となかなか身体が自分の言うこと聞かず苦労しました。今後は苦手分野こそ軸に稽古を重ね試合で活かしていきたいと思います。また10人組手では諸先輩方の熱い拳を肌で感じ初段になる厳しさを感じました。その名に恥じない空手人生をこれから一歩づつ歩んでいきたいと思います。

 

最後に

当日全力でサポートしてくれた坂井君・宮原君ありがとうございました。
追いつけ追い越せの意思を持ち日々の稽古に臨みます。これからもよろしくお願いします。

押忍。

長野支部  藤岡 和貴


2018年7月6日 12:54 カテゴリー: