フルコンタクト空手 新極真会長野支部

新年合同稽古を開催しました

1月22日(日)新年合同稽古が松本道場にて開催されました。予定では先週15日のはずでしたが大雪の為に1週間延ばしての開催となりました。

基本稽古を各30本づつ行い、最後は廻し蹴り100本で締めました。普段の稽古では行わない数の稽古に子供たちも壮年部のおじさん達も精一杯の気合をかけながら頑張りました。

終了後、昨年のドリームカップ小学2年型の部優勝の佐當直紀1級による撃塞小の演武、長野県大会一般準優勝の坂井正宏初段、第3位 山下雄之初段の奉納組手を行いました。両者とも今年は優勝を目指して修進することを期待しています。

皆勤賞は、昨年に引き続き、長野道場の佐當直紀くんと伊那道場の下平大翔くんの2名、努力賞は、上田道場の浅川拓摩くんでした。浅川拓摩君は、ドリームカップをはじめ関東、愛知、岐阜、群馬、新潟大会と多くの大会に参加し、結果こそは上位に入れませんでしたが、その粘り強い挑戦が評価されました。

稽古終了後は、長野県大会でもお世話になっている、㈱信栄食品の神倉社長から差し入れ頂いた信州1本ねぎギョウザと少年部のお母さんにもお手伝いして頂いた我が家特製豚汁に舌鼓を打ちながら、一人一人今年の目標を発表しました。和気あいあいの中にも今年1年の誓いを胸に刻み新年稽古を終了しました。

他にもジュース、お菓子、リンゴ等差し入れ頂いた、御父兄、道場生のみなさん、ありがとうございました。


2017年1月24日 3:33 カテゴリー: